「無農薬」と「農薬・化学肥料不使用」の違い

高山ガーデンでの表記の仕方

高山ガーデンで栽培しているブルーベリーは、愛媛県から「農薬・化学肥料不使用」のエコえひめ認証をうけているブルーベリーです。
高山ガーデンでは「無農薬」といった表記は使っていません。
実は「無農薬」といった表記は基本的には使用できないのです。
と、いうのも国のガイドライン(特別栽培物認証制度)によって、「無農薬」という文言を使用して農産物を販売することが禁止されているからです。(違反していても特に罰則等はありません。)

高山ガーデンでは、愛媛県が認証している「エコえひめ」の「農薬・化学肥料不使用」認証を取得しています。
エコえひめを取得するため、毎年残留農薬の検査を実施しています。

 

「無農薬」の表記が禁止された理由

国のガイドラインができる前は、「無農薬」「無化学肥料」や「減農薬」「減化学肥料」といった表記が生産者によって様々な表記で農産物が流通していたそうです。
その結果、消費者に様々な混乱が生まれました。
例えば、
「減農薬」とかいてあってもどのくらい削減されているのか消費者からは一切わかりません。
「無農薬」と表記されていて、実際に検査をしてみると残留農薬が検出されることもあったそうです。
ほ場・農園同士が近いと、その農産物で農薬が使用されていなくても、近くのほ場・農園から飛散した農薬が農産物にかかり、それが検出されることもあるそうです。

こういったことから、どのくらい削減されているのかわからない「減農薬」等や、消費者のイメージ(無農薬は残留農薬が検出されないもの)と現実が違い、優良誤認を招くおそれがあるということでガイドラインが作られたそうです。
禁止されてはいますが罰則がないため、今でも「無農薬」などの表記をしている商品やHPを見かけます。
きちんと認証などを取得している生産者から購入することは、一つの安心材料になるかもしれません。
 

「有機〇〇」「オーガニック〇〇」の表記

「有機〇〇」「オーガニック〇〇」と言った表記や有機JASマークは、登録認証機関が検査し認証された事業者のみが表記・マークを使用することができます。
有機JASが特別栽培物認証制度と違うところは、有機JASはJAS法という法律に基づいて認証された制度で、違反(認証されていない事業者が表記)をすると罰せられる点です。
(先述した、「無農薬」等に関するガイドライン、特別栽培物認証制度では罰則がないため、違反していても罰せられることはありません。)
有機食品の検査認証制度 農林水産省HP