ブルーベリーとは

ブルーベリーはアメリカ原産、ツツジ科スノキ属シアノコカス節に分類される植物です。
よくテレビで紹介されるビルベリーやクランベリーなども同じスノキ属の仲間です。
日本に自生する植物では、ナツハゼやクロマメノキなどが仲間です。
 

ブルーベリーってどんな果物?

日本では全国様々なところで栽培されていますが、東京都・長野県・群馬県・茨城県などが主な産地で、高山ガーデンのある愛媛県は生産量では全国7位の生産量です。(2016年)
愛媛県内では、松山市・新居浜市・西条市・宇和島市など、県下のたくさんの地域で栽培されています。
ブルーベリーは大きく分けて3つの種類があり、ハイブッシュブルーベリー、ラビットアイブルーベリーワイルド(野生種)ブルーベリーがあります。またハイブッシュブルーベリーには、北部ハイブッシュと南部ハイブッシュに分かれ、名前からわかるように寒いところ、暖かいところでも栽培できるものに分類されます。
ラビットアイブルーベリーは、ハイブッシュ品種に比べ土壌の適正能力が高く、暖かいところで栽培できる品種です。
日本の全国、様々なところでブルーベリーが栽培されているのは、その土地で各生産者の方が気候に合ったものを選んで栽培しているからです。

愛媛県は南国の四国で夏はとても暑いですが、西日本で1番高い山があるのも四国山地です。その四国山地の一帯にある高山ガーデンは標高約650mあり、時には積雪1m近くなることもあるくらい寒い冬が訪れます。そのため、暖かい地域で栽培できるブルーベリーだけでなく、寒い地域で育つ品種も栽培できます。
高山ガーデンのブルーベリーは、極早生品種で4月中旬ごろから花を咲かし始めます。
やがて緑色の実をつけ始め、緑→赤紫→濃い青色と色が変化し、早くて6月初旬ごろから収穫できるようになります。ブルーベリーの実の成長